医療法人 赤塚クリニック

三重県津市芸濃町の内科、糖尿病内科、消化器内科なら赤塚クリニック

アクセスマップ

アクセスマップ

>>アクセス詳細はこちら 
お車でもご来院頂けます

 

リンク集

EPARK

 

EPARK

 

HOME»  院内新聞»  6月16日は和菓子の日

6月16日は和菓子の日

6月16日は和菓子の日

 スタッフより

知っていますか? 6月16日は、和菓子の日ということを!
なぜ6月16日が和菓子・・・?
平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延しました。仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(西暦848年)の6月16日に16個の菓子や餅を神前に供えて、疫病除けと健康招福を祈ったことが始まりのようです。
時代は変わり江戸幕府では、和菓子を食べて厄除けと招福を願う『嘉祥』という行事がり、江戸城の大広間に将軍から大名や旗本へ直々に2万個を超える和菓子が渡されたとか。さらに大名から、その家来や小姓、商人など細かく菓子が分け与えられたそうです。将軍から配られていた和菓子は8種類。ちなみに大名や旗本が持ち帰れる和菓子は1種類。順番にもらうため、選択の自由はなく、お目当ての和菓子があたらないこともしばしばだったとか。6月16日に嘉祥菓子を食べるという習慣は、明治時代で廃れましたが、この習慣の復活を願って、また、日本の美しい四季・歴史ある和菓子の素晴らしさを後世に伝え残すという趣旨で、
昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が6月16日を和菓子の日と定めました。
現在は、コロナウィルス感染症の不安でイライラが募っている毎日、甘い和菓子でゆっくり気分転換はどうでしょうか。      
 

2020-05-01 16:20:29

 

お問い合わせ

ご予約やご不明点などお気軽にご相談くださいTEL:059-265-2511
▲【初診の方へ】閉院時間の30分前までのご来院いただければ、ゆっくり話が聞けますので助かります。