医療法人 赤塚クリニック

三重県津市芸濃町の内科、糖尿病内科、消化器内科なら赤塚クリニック

アクセスマップ

アクセスマップ

>>アクセス詳細はこちら 
お車でもご来院頂けます

 

リンク集

EPARK

 

EPARK

 

HOME»  院内新聞

院内新聞

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

過去の糖尿病は・・・(2020年1月)

 院長より

記録によると糖尿病はわが国では少なくとも平安時代には存在していたようです。以後、1921年にインスリンが発見されるまでは糖尿病は発症後数年で死に至る病として恐れられていました。当時は糖尿病に対する治療手段はほとんどなく、なにも食べない飢餓療法をすると多少の延命効果があるといった程度でした。糖尿病による死を待つか、飢餓による死を待つかの選択だったようです。その中でインスリンが発見され、インスリン注射が糖尿病患者を死の淵から救う貴重な薬剤となりました。
 
現在ではインスリンも随分使いやすくなり、経口剤も優れたものが登場しています。しかし飢餓療法まででなくとも糖尿病には食事療法が重要であるという点は現在でも変わっていません。



 

2020-01-29 14:58:36

4年ぶりの海外旅行(2019年9月)

 院長より

4月5月の9連休を生かしてニューヨークに行ってきました。観光スポットや美術館、博物館巡りをしてきましたが、今回は以下の2点を紹介します。
 1つはヤンキースタジアムで野球のメジャーリーグの試合を観てきました。グラウンドと客席が近いのと、楽器を使った応援がないため、野球を観ている感が凄かったです。草野球並みの臨場感がある一方で選手のパワーが何より凄い!
 別の日にはオペラを見に行きました。ど迫力の声量の歌手とオーケストラとが一体化していて芸術性もハイレベルでした。オペラは上流階級の娯楽であり、大勢のおしゃれをした人々の中、典型的な観光客の格好の私は浮いている状況でした。
 ニューヨークの中心マンハッタン島では今でもあちこちで再開発をしていて、現在の経済規模も今後の発展も明らかに東京の上をいく町だと感じました。
 日本も頑張れ!今後の日本の発展には私も関係あるのか?



 

2020-01-29 14:02:54

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(2019年5月)

 院長より

2009年に日常の運動不足解消を目的にマラソンを始めました。2年目に津シティマラソン大会で2kmを走って以来、定期的にマラソン大会に出ています。3年目に初フルマラソンを、4年目に初100kmマラソンを走りました。現在はフルマラソンや100kmマラソンを中心に年10回程度走っています。
この5月にも初めて富士五湖ウルトラマラソンを走ってきました。この大会は3 lakesの71km、4 lakesの100km、5 lakesの118kmの3種目あり、私は4 lakesの100kmにしました。100kmマラソンでは16回目の挑戦となりました。コースの標高が高いため朝には吐く息が白い中、天候に恵まれて終始富士山が見えました。最初は写真を撮る時間も惜しんで走りに専念していましたが、50km地点でタイムアタックを諦めて写真を撮ることにしました。最後の92km地点からの長い上り坂が試練ですが、他は適度なアップダウンで走りやすいコースでした。
もちろん完走しましたが、種目を5 lakesの118kmにしなかったことが心残りでした。なにかやり残した感でいっぱいの大会になってしまいました。

 

2020-01-29 14:01:23

糖尿病性腎症重症化予防プログラム(2019年1月)

 院長より

日本全国規模で糖尿病性腎症重症化予防プログラムが始まっています。糖尿病は放置すると網膜症・腎症・神経障害・脳卒中・心筋梗塞など様々な合併症を起こし、患者さんの寿命や生活を著しく損なう疾患です。更に、合併症に対する治療には多額の医療費が必要となり、医療経済的にも大きな負担を掛けるという社会的な問題にもなっています。
2016年に日本医師会・医学系の各種学会・厚生労働省が連携して糖尿病性腎症を予防するための活動を開始しました。現段階では将来人工透析が避けられないと推定される国民に対して医療機関への受診を勧める受診勧奨と、生活習慣の改善に向けての保健指導を行う取り組みを行っています。
それを受けて今まで津市でも一部の人へのアプローチをしていました。2019年からは津市民全体に対して積極的に実施しようということになり、健康診断の結果や診療データを使いつつ、人工透析予備軍の人々を検出してのアプローチが始まります。
私は2019年からの津地区医師会の代表を担うことになりました。津市民の新しい人工透析患者を減らすことが最終的なミッションとなりますが、大変なものを引き受けてしまいました。プレッシャーですが、大きな役に立てるチャンスとして頑張っています。

 

2020-01-29 13:57:35

今までのおいしかったもの(2018年9月)

 院長より

今まで食べたおいしかった食べ物を思い起こしてみました。
まず、高校生の時に家族旅行で清水市のお寿司屋で食べたウニはおいしかった。それまで食べたウニはなんだったのかというくらい感激しました。
また、医師になり日々忙しい中出かけたのですが、カニがおいしくなる2月に福井で食べたカニはほのかな甘みがありおいしかった。それまでカニの味に疑問を持っていたのですが、返り討ちに逢いました。
あと、大学の合格祝いで食べた牛肉のステーキも思い出しました。また、岡崎市の若手医師だった頃にくたくたになるまで働いた後でグルメの先輩医師に連れて行ってもらった居酒屋もよかった。
結局、食事の内容もさることながら、それに関連する状況が重要だとわかりました。今もおいしいものが大好きなので、実は私もカロリーと戦う日々を送っています。

 

2020-01-29 13:54:54

お座敷遊び体験(2018年5月)

 院長より

先日京都の1泊旅行に誘われて行ってきました。1日目は祇園のお茶屋で舞妓さん・芸妓さん3名と三味線・唄担当の1名を招いてのお座敷遊びで、私はこのような経験は生涯初です。一見さんお断りのお店で、かつては明治維新に活躍した西郷隆盛氏も遊んだお店とのことでした。
舞妓さんにお酌を頂き、三味線と唄に合わせて舞を踊ってもらい、残りはトークタイムでした。皆きれいな着物に包まれ、高価な飾りをまとっていました。皆さん大変気品の高い性格を演じていましたが、それは厳しい修行からくるものだと予想します。なんと、全員が当時公演中の「都をどり」のメンバーでした。夜の門限が1時で、4月中は毎日公演があり12時30分の開演に間に合わせるために朝は6時30分に起きる生活とのことです。
2日目はその「都をどり」を見に行きました。総勢33人の舞踊で、物語や総をどりを演じていました。公演中は1日目のお茶屋でのメンバー4人ともを認識でき、親近感を持って鑑賞できました。大変贅沢かつ非日常的な2日間を過ごしました。

 

2020-01-29 13:52:52

けんこう・ふくし@ふれあいまつり(2018年1月)

 院長より

私は「健康な地域づくり委員会」という団体の委員を務めていますが、その委員会が中心となり健康に関するお祭りを毎年催しています。お祭りの開催には多く方々の協力が必要であり「社会福祉協議会」など多くの団体の協力の下で運営しています。平成27年度より「けんこう・ふくし@ふれあいまつり」の名称で11月23日に開催することになりました。また、「まちづくり協議会」も加わることで、従来の手作り感あふれるお祭りに加えてより強固で繊細な運営となりました。
今年度のお祭りのメインは、三重大学病院の矢野 裕 先生の「健康寿命を延ばす生活習慣」の講演会でした。その後は各ブースで、筋力や柔軟性を評価する体力チェック、血流や骨密度を評価する健康チェック、医師・薬剤師などと自由に会話するふれあいカフェ、幼稚園PTA主催のバザーなどを行いました。野菜たっぷりみそ汁の振る舞いなど他にも様々な催しを行いました。
早期から健康を意識することは大切であり、若い世代の参加は重要である中、幼稚園のバザーを併催するようになり子供や30歳前後の参加者が多くなりました。各ブースの始まる10時過ぎのから午後1時頃まで大変な活況が続きました。このお祭りで、多くの方々が健康な状態を維持し、健康寿命を延ばすことにつながればと思います。次年度も11月23日の開催が決定しています。

 

2020-01-29 13:50:59

新しい車(中古車ですが)(2017年9月)

 院長より

私は自動車の運転が好きな中、平成11年に初めのスポーツカーとなるスカイラインGTRに乗りました。4WDターボの圧倒的な安定感で運転が上手になったように錯覚しました。サーキットでは、コーナーの脱出や直線加速が速く壮快な車でした。更なるパワーを求めて、気が付けばエンジンの載せ替えを含めたフルチューンを施していました。
平成22年に親子で所有する形でポルシェ911カレラSに乗り換えました。エンジンが後ろにあることで後輪が滑りにくくなり、コーナーを曲がる際に、スピードを落とさずにコーナーに進入できることに驚きました。一方、進入速度を上げていくと、コーナー内でのわずかな操作が大きく車の挙動に影響することがわかり、1つのコーナーを通過する難しさを感じました。更に、その制御を練習していくうちコーナー内での運転が丁寧になり、たぶん上達しました。
運転技術がまだまだ未熟なことがわかっている中、8月にポルシェGT3に乗り換えました(初めての中古車です)。これはレース用に開発された車で、少し?制限速度を超える程度の速度まで上げると大変扱いやすくなります。こらからこの車でコーナーを練習することが楽しみです。


 

2020-01-28 14:46:13

アメリカ軍の日本を守る本気度は低い(2017年5月)

  院長より

 世界情勢が緊迫しており、日本も戦争に巻き込まれる可能性が高いと感じます。日本は安全保障において米国に依存している形ですが、現時点で北朝鮮からの弾道ミサイルは日本・韓国には届くものの米国には届きません。米国は今のうちに北朝鮮問題を解決できれば、自国が被弾する可能性は低いのです。アメリカファーストの考えだと、日本や韓国が被弾しても、米国の安全を優先して今のうちに北朝鮮問題を解決する方が勝るという理論も理解できるし、実際その方向に向かっています。
このような考え方では、米軍は日本の有事にもあくまでも米国のメリットを中心とした行動しかしないと思います。戦後70年間に日本の有事はなく、日本有事における米軍の行動は確認できていませんが、この様子だとおそらく米国が日本を守る本気度は低いと考えます。
一方、日本の自衛隊は中途半端な存在であり他国の軍隊と戦うだけの備えや志があるかどうか心配です。一刻も早く憲法第9条を改正して日本も正式な軍隊を持つべきです。日本が軍隊を持つことに周辺国は必ず反発しますが、自分を守るのに他国の意見に従う必要はありません。国防がなくても平和が保てる社会はまだまだずっと先であり、日本は東アジア地域の安全保障に加担すべきだと考えます。また、日本を守る本気度が低い米軍に土地や予算を提供する無駄も減らすべきです。

 

2020-01-28 14:43:30

ウォーキング会を開催しました(2017年1月)

院長より

平成28年10月27日(木)の秋晴れの中、赤塚クリニックでウォーキング会を行いました。当クリニックの通院患者さんや他施設への通院患者さん・芸濃町外の方々にもご参加頂き、大変盛況でした。ウォーキング会では4.3kmの距離をゆっくり歩きつつ、健康クイズも楽しんで頂きました。
 生活習慣病の治療は食事療法・運動療法・薬物療法があります。医療機関で行う治療の中心は薬物療法になります。しかし、実はほとんど方に最も重要なのは、食事・運動療法なのです。当クリニックでは管理栄養士が中心になって食事相談を行っています。一方、運動療法についてはアドバイスを行うものの、実践までのサポートには至っていません。この度一緒に運動するという形で、運動療法の実践を始めました。
 皆様の健康な生活をサポートする目的で、今後も定期的にウォーキング会を行う予定です。このウォーキング会はどなたでもご参加できます。次回は3月下旬を予定しています。今後のウォーキング会の詳細は近くなりましたらホームページに掲示します:http://www.akatsuka-clinic.com/

 

2020-01-28 14:39:26

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

お問い合わせ

ご予約やご不明点などお気軽にご相談くださいTEL:059-265-2511
▲【初診の方へ】閉院時間の30分前までのご来院いただければ、ゆっくり話が聞けますので助かります。